Lena Yokoyama


 

 

横山令奈

 

大阪府箕面市に生まれる。両親の指導のもと7歳よりヴァイオリンをはじめる。父横山莞五、母故清水玲子、ナンドール・セデルケニー氏(元大阪センチュリーオーケストラコンサートマスター)に師事。2006年よりイタリアに留学、ラウラ・ゴルナ氏師事のもと2011年クレモナ モンテヴェルディ音楽院を審査員一致の満点(dieci e lode)で卒業。

イタリア・クレモナ・スタウファー音楽院、イタリア・シエナ・キジァーナ音楽院にてサルヴァトーレ・アッカルド氏、イタリア・ポルトグルアーロ・サンタチェチーリア音楽院にてイヴァン・ラバーリャ氏にヴァイオリンを師事、室内楽を、シエナ・キジャーナ音楽院にてアレクサンダー・ロンクィッヒ氏、ノルウェー・トロンハイム室内楽アカデミーにてハット・バイエルレ氏(元アルバン・ベルグ四重奏団)に師事。

 

イタリアを中心にヨーロッパ内外(フランス、スペイン、イギリス、ベルギー、ノルウェー、オーストリア、ドイツ、アメリカ等)の重要な劇場、音楽フェスティバル(イタリア:ラヴェンナフェスティバル、クレモナ・ストラディヴァリウスフェスティバル、マントバ室内楽フェスティバル、プーリア・イトリア谷音楽祭/イギリス:オールドバラ音楽祭/ノルウェー:トロンハイム室内楽フェスティバル/アメリカ:ニューヨーク・モンドムジカ/他)で演奏し好評を得る。

 

2010年フィレンツェ・クレシェンド国際コンクールソロの部で1位を受賞。

2012年、ディエゴ・マッカニョーラ(ピアノ)と、アレッサンドロ・コピア(チェロ)と共にピアノトリオ "Trio Kanon" を結成しイタリア ドゥイーノ市の国際室内楽アカデミーにてTrio di Parma - パルマ三重奏団 - に師事、2018年トリノのピネローロ-トリノ国際室内楽コンクールジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟)において第1位、合わせてブラームス作品最優秀演奏賞“Premio Cerutti–Bresso”観客賞を受賞。そのほか2015年イタリア・ロスピリオージ室内楽コンクールで1位と観客賞を受賞等、数多くの国際コンクールで優勝、入賞を果たす。

2016年11月に"Movimento Classical"よりベートベンのピアノトリオOp.70 n.1「幽霊」とOp.97「大公」,

2019年3月にイタリア・ワーナーミュージックより「ブラームス・ドヴォルザーク ピアノトリオ」をリリースした。

 

イタリア室内管弦楽団(サルバトーレ・アッカルド指揮)、マントバ室内管弦楽団、ブレーシャ室内管弦楽団、ミラノ・ディヴェルティメント・アンサンブル(サンドロ・ゴルリ指揮)に参加。

クレモナ・アンティクワ古楽器アンサンブル及びビエッラ・ペロージ室内オーケストラにてコンサートミストレスを務める。

 

2013年よりクレモナ・ヴァイオリン博物館にて展示楽器の公開演奏者を務め、今までに同博物館にて A. ストラディヴァリウス:Clisbee 1669年, Joachim-Ma 1714年, Cremonese 1715年, Vesuvius 1727年、N. アマーティ:Lam-ex Collin 1669年 、G. グァルネリ デル ジェズー:Principe Doria 1734年,  Stauffer 1734年を演奏した。

 

2017年3月クレモナ・モンテヴェルディフェスティバル、モンテヴェルディ生誕450年を記念して行われたイベントで、クレモナ市を代表し、ブリュッセルEU本会議場にてクレモナ市所有のストラディヴァリウスを演奏した。

また2019年1月マドリードのイタリア大使館に招かれストラディヴァリウスを演奏した。

 

2012年よりクレモナ・コスタンツォ・ポルタアカデミーのヴァイオリン講師を務める。

2018年よりクレモナ国際弦楽器製作学校(IPIALL)のヴァイオリン講師及び製作科の実習授業にて実習助手、及びクレモナ クラウディオ・モンテヴェルディ音楽院(学位修得コース)の室内楽講師を務める。

 

 

Download
LENA YOKOYAMA Biography
クリックしてダウンロードしてください
LENA YOKOYAMA Biography.docx
Documento Microsoft Word 14.4 KB